授かる時知っておきたいこと

妊娠と出産・腎臓病について

体内の老廃物を排泄する機能や、血圧の調節や造血作用などに関与する臓器が腎臓です。腎臓病の人にとって、もともと腎臓の機能が十分でないのに、妊娠した場合赤ちゃんの分も働かくことになり、妊娠は相当の負担になります。血液中に老廃物がたまりやすくなり、尿毒症や高血圧の原因となります。胎盤に酸素と栄養が供給されづらくなるため、胎児の発育遅延や、早産、流産、などに影響し、最悪は胎児の死亡につながることもあります。
慢性腎炎の場合は、事前に医師に妊娠してもよいか十分に相談してください。慢性腎炎であっても、高血圧ではなく、腎機能があるレベル以上であれば、妊娠、出産が可能です。主治医と産科医に連携してもらい、減塩、高たんぱく、低カロリーの食事と、安静にすごすことを心掛けましょう。妊娠中に腎炎が悪化した場合、母体が危険にさらされるので、人工妊娠中絶する場合もあります。

妊娠と出産・肝臓病について

体内の毒素を分解する役割を持つ臓器が、肝臓です。妊娠すると当然のことながら、胎児の肝臓の役割も、母体の肝臓がひき受けることになります。これが原因で、つわりがひどくなりやすくなり、妊娠中毒症の危険も高くなります。また、妊娠、出産によって持病が肝臓病の人は、症状が悪化するケースが多くあります。
医師と相談し、妊娠の時期を選び、病状の管理をしっかりすることが必要となります。食事療法と安静を忠実に守ることが、妊娠を継続するためには必要です。中には、入院が必要となる場合もあり、残念ながら母体の安全のために、出産を諦めるケースも出てきます。
症状がでないB型肝炎ウイルスを持つキャリアの人の場合、妊娠への影響や胎盤からの感染はないとされます。しかし、赤ちゃんへの感染は、出産時の出血による場合が考えられます。赤ちゃんに感染した場合、将来的に慢性肝炎や、肝硬変、肝臓がんに移行する確率が高くなります。

体外受精の治療を受けるならぜひこれを読んで欲しい!

不妊治療とウムリンを併用した結果…